Category Archives: ウッドデッキの施工

ウッドデッキのQ&A

ウッドデッキを初めて設置する場合、色々と分からない事もありますよね。
なので、ウッドデッキに関する事で多い質問事項について、Q&A形式で紹介していきます。

Q1、ウッドデッキの魅力は?
A1、

ウッドデッキは、室内と室外の間をつなぐ新しいスペースです。
そのため活用方法も多岐にわたり、ウッドデッキを設置する事でライフスタイルが変わります。
例えばテーブルとイスを置いて、お茶をすれば、オープンカフェのような気分を味わう事が出来ます。
休日に気軽に気分転換し、リラックスタイムとして最適だと言えるでしょう。

昼間だけでなく、夜には夜の活用方法があります。
星を眺めたり、お酒を飲んだりして1日の疲れを癒す事が出来ます。
ガーデニングが趣味な人なら、ウッドデッキをガーデニングスペースにする事も可能です。

Q2、ウッドデッキはどんな場所に設置出来る?
A2、
ウッドデッキは広い庭がないと設置出来ないという事はありません。
工夫次第で狭い庭にもウッドデッキは設置可能です。
また庭に設置出来なくても、車庫の上や屋上、ベランダやバルコニーにだって設置する事は可能です。
住宅事情は個人によって異なるので。自分の場合もウッドデッキの設置が可能かまずは専門業者に相談してみて下さい。
きっと素敵なプランを提案してくれるでしょう。

Q3、ウッドデッキはどの時間帯、どの季節が最も楽しめる?
A3、
ウッドデッキの楽しみ方は、人それぞれです。
そのため楽しみ方も、時間や季節を問いません。
例えば朝なら早起きして、ウッドデッキでヨガをすれば、風も気持ちがよく爽やかな気持ちで1日を始める事が出来ます。
休みの日なら朝はゆっくり寝坊して、朝昼兼用してウッドデッキでブランチなんていいですよね。

そして昼間は活動的に、友達を呼んでBBQをしたり、家族サービスで子供やペットと一緒に遊んだりしてもいいでしょう。
夜は夜でまったりとした時間を過ごす事が出来ます。

季節に関しては、確かに日射しが強すぎる夏や東北では冬は雪が積もるので、ウッドデッキを活用するのは難しいかもしれません。

ですがガーデニングなら、季節ごとに様々な種類の花を咲かせます。
また日射しを遮るフェンスや屋根を設置する事で、BBQやビールも夏が本番で楽しむ事が出来ます。
小さな子供がいる家庭なら、子供用のプールをウッドデッキに置いて遊ぶ事も可能です。

冬は雪かきを小まめにする事で、適度な運動になり健康的です。
このように、年間を通じて楽しむ努力をする事で、自宅で過ごす時間も充実したモノになっていくでしょう。
そもそもウッドデッキとは、家で家族と過ごす時間を大切にするために、設置するものなのではないでしょうか?

ウッドデッキを設置する3つの方法

ウッドデッキを設置する方法は、大きく分類すると3つの方法があります。
「専門業者に依頼する方法」「自分で材料を購入しDIYする方法」「DIY組み立てキットを購入する方法」です。

ではそれぞれの特徴について紹介します。
「専門業者に依頼する方法」は、プロが作るため、1番耐久性が高いウッドデッキを設置する事が出来ます。
ウッドデッキの設置が難しいという立地条件であっても、プロの手にかかれば設置は可能になるケースも多々あります。
自由自在で外観もキレイなウッドデッキが完成します。
ですがプロに依頼するため、3つの方法の中では、最もコストがかかります。

「自分で材料を購入しDIYする方法」は、設計から図面、材料の仕入れまで全て自分で行わなければいけません。
専門的な知識がないために、材木の種類だけでなく、塗料やビスなど適切なモノを選べるのかどうかでウッドデッキの耐久性は大きく変わってきます。

さらに完成までに時間がかかりますし、完成せずに途中で投げ出してしまうケースも少なくありません。
そうなると購入した材料費や道具が無駄になってしまうので、コスパがいいとは言えません。
無事に完成させる事が出来れば、3つの方法の中では、1番安いコストで仕上げる事が可能です。
ですが完成させても、完成度は低く、耐久性も低くなってしまうでしょう。

そしてあまり知られていませんが、「DIY組み立てキットを購入する方法」が自分で作る場合には、おすすめだと言えます。キットとは何かというと、メーカーが販売しているウッドデッキを設置するための材料が一通り揃ったセットの事です。

塗装はすでに工場塗装がされているので、塗装をする手間が省略出来ます。
材料選びの知識がなくても、耐久性のいいウッドデッキ向きの材料を使用する事が出来ます。
そして、その材料を使用してウッドデッキを設置すれば、見た目も耐久性もある程度高いモノが出来るでしょう。

もちろんコストは業者に依頼するよりも、ずっと安いのでコスパが優秀だと言えます。

ただし注意点としては、キットの選び方です。
業者でも良い業者と悪い業者が存在するのと同じで、キットにも良いメーカーと悪いメーカーが存在しています。キットはメーカーによって、かなり価格差があります。

安い方がお得に見えますが、必ずしも安いモノがいいという訳ではありません。
耐久性が高い材木を使用すれば、どうしてもコストが上がってしまいます。
それに安い中国製のウッドデッキの材料は、厚みも幅も薄く、強度という面では著しく劣ります。

なので、価格が高くても国産の信用出来るメーカーのキットを選ぶようにしましょう。